サルミングテクノロジー

サルミングは選手からの新しい需要、要望に応えるべく、常に新しい方法を探しています。古くからの常識は新しい発見によって見直されていくものです。 必要とあらば、私たちはこれまでの常識を破り、躊躇なく新しいやり方を導入していきます。

3レイヤー構造

甲に接する第1層をメッシュ素材にすることで快適なフィット感を実現。 第2層で横方向の動きを安定させ、足への圧力を軽減。 シューズ表面の第3層を薄いネットメッシュにすることで、足全体を包み込みながら耐久性を確保。

ドロップ7mm

かかとからつま先にかけて、7mmの傾斜をつけた構造。これがナチュラルな姿勢を維持し、 ストライドの中で正しい前傾姿勢へと導きます。

ランライト

接地性を高めるために、ミッドソールには特殊な「耐摩耗インジェクションEVA」を採用。 この軽量素材によって踏み込んだ地面から柔軟が感触が得られ、俊敏性が高まります。

 

エルゴヒールカップ

シューズ着用時にかかとを安定させることは、フィット感と快適性の向上に大きな役割を果たします。 人間工学に基づいて開発された「エルゴヒールカップ」は、従来品よりも少し長い保護素材を用いた新機能です。

EXOスケルトン

レースシリーズに導入された技術。シューズ側面に骨格のように施されたEXOスケルトンデザインによって、 左右移動時の安定性が向上。また足指関節にかかる負荷も軽減しました。

リバウンドフォーム

シューズ前方部分には「RE35」という素材を使用。 フロアから得られるエネルギーが、従来の素材よりも80%向上しました。

 

クッショニングフォーム

カカト部分の衝撃吸収に「C35」という素材を使用。 これをかかとの中央部に配置することで、衝撃吸収力が従来品よりも70%向上しました。

スピードライト

ソールには「スピードライト」という衝撃吸収材を内蔵。軽量にして、クッション性が長く持続する特性を持ちます。

ロールバー

拇指球側のカーブの半径を従来よりも拡大。 シューズのインサイドに緩やかな円形「ロールバー」を作ることによって、 足裏のスムーズな回転とつま先の推進力UPを実現しました。

 

LMS+

横移動からの急速な停止は、足首外側に大きな負担がかかり、怪我の原因になります。 「LMS+」はシューズ内部に5°の傾斜を作り、若干の前傾姿勢を作る構造。これによって足首を捻挫する危険性が軽減されます。

XR110

新たに開発された耐久性の高い複合ゴム素材。オリジナル版エックスファクターからグリップ力が25%UPしました。

T.G.S.62/75
(トーション・ガイド・システム)

人間の歩行周期(ゲイトサイクル)の観点から、 かかとから拇指球までの長さをソール全体の62%に、 さらに「バレーライン」と呼ばれる拇指球からシューズ前方部にかけての屈曲を75°に設定。 これにより安定性がより一層向上しました。また75°で屈曲したシューズ前方部には 柔らかい素材を使用し、足の動きが自 然に反映されるように工夫。横移動 の際に足指の摩擦が軽減されるとと もに、目指す場所へとシューズが曲 がることで、より自然な左右の動き が実現しました。

LMS
(ラテラル・ムーブメント・スタビライザー)

横方向の高速かつ不規則な動きを安定させるサルミングの独自技術。 横移動の安定と、その際に生じるねじれ運動を制御します。

Xデザイン

X型に広がった中央のデザインによって、 左右の動きの安定性が向上。 また足にかかる横からの重力を逃がすことで、足指関節の負荷を抑えることに成功しました。 さらには、特に足裏の前方部など、柔らかく痛めやすい部分に生じる摩擦が減少。 この「Xデザイン」とシューレース(靴ひも)の蹄鉄型形状のコンビネーションによって、 足指関節を圧迫しないでつま先部を固定することが可能になりました。

オフセンターレーシング

レース部分は中心から外れた左右非対称構造。これがフィット感と快適さを高めます。

 

スピンゾーン

インドアスポーツは急激なターンやひねり運動の連続。 ソール部分に刻み込まれた同心円状の「スピンゾーン」デザインは、ねじれ運動によってつま先に生じるストレスを軽減。 同時にひざや関節への負担も抑えます。

クールフィール

肌から繊維の表面へと水分を素早く発散し、高い通気性を保つ機能素材です。
プレー時の高いパフォーマンスと快適さを両立します。

We are the athletes' brand, constantly looking for new ways to play, new demands, and new needs. Old truths often need to be reconsidered, and we are not afraid to break a rule or two if necessary. Good can always be a little bit better. You can always train a little bit harder. But sometimes it is up to the equipment, and that are the occasions we aim at when we develop our gear. Do you play with us or do you dare the risk?

You have an eye for the game; we have an eye for details. A winning combination that has proved successful over and over again since we first entered the game with great visions 10 years ago.
Borje Salming

Copyright © Salming Japan  写真・記事の無断使用を禁じます